ヤマハ英語教室

ヤマハ英語教室「先生とのやりとりの時間を増やす裏技」

更新日:

前回、お友達にごっつんこされちゃった王子。
今日は最後までご機嫌でレッスンできるといいな。
 
 
 
王子が早く出かけたそうにしていたので、ちょっと早めに家を出たので早めに教室に着いたのですが、同じくらいのタイミングでお友達も着きました。
雨の日でしたので、お互い長靴を履いてきていて、「お友達のピンクでかわいいね」と言うと、お友達の靴と自分の靴を見比べていました。「王子くんのも緑と青でかっこいいね」と言われて自分の靴をじっと見てました。王子はピンクも大好きなので、ピンクの方がいいっていわれたらどうしようかと思いましたよ。いや、男の子でもピンクのかわいいの履いてもいいんだけどさ。ママ、心広いからね(←)
 
 
 
それから、今日は新しい男の子のお友達が増えました。
最初は3組しかいなかった教室も今ではもう6組で最初の倍になりました。
それでも教室が賑やかになったくらいで狭くはないし、王子もいろんな子の行動が見れたりして時には真似っこしたりお友達に興味津々です。興味津々でも自分から近づけないシャイボーイなんですが(笑)

ただ人数が多いと先生とのやりとりの時間がやはり3人の時よりは少なくなりますね。一人一人ちゃんと相手してくれるのですが人数の少なかった時の濃厚さを知ってしまったら多少は物足りなさを感じますかね。でも体験の時に7組でのレッスンを受けてたので不満はないです。
 
 
 
そして、先生との一対一のやりとりの時間を増やす裏技を発見しました。

先生とのやりとりの時、子供が思ったように返事をしてくれなかったり恥ずかしがってたりする時、親が変わりに子供の手を引いて英語で返事をしてしまうと、先生はちょっと早めに切り上げる気がします。
実際私がそれをやってたのですが、なんとなく王子の時ちょっと短いなと思ったので前回のレッスンでそれをやめてみたんですよね。
そうしたら、王子が何かしらアクションするまでとは行かなくても、先生が王子にアクションさせようとちょっと頑張ってみてる感じがしてちょっとだけやりとりが長くなった気がするんですよね。そういう気がするだけかもしれませんが。

王子はシャイなので、先生の持っているおもちゃ(のような教材)が欲しくてもアクティブな子のように取りに行ったりできないのでやりとりの時間が増えるのはうれしいことです。
親は子供がちょっともじもじしちゃっても、焦らず黙って子供のアクションを待っとけ!ってことですね。
 
 
 
そして今日は宿題が出ました。
来週までに「寝るときに必要なものはなんですか?」の質問に記入します。
王子は最近寝る時ピカチュウのぬいぐるみと一緒だけど、なきゃないで大丈夫だしな。お気に入りのタオルケットとかもないし、むしろ布団いらないボーイだからな。寒い日でも布団かけると寝てても起きるんだぜ…。夜中も暖房代かかるんだぜ…。
ママのだっこもいらないフリーダムスタイル。寝るときの俺に触るな感がすごい。赤ちゃんなのに。

あ、前に悩んだ「回答は日本語か英語か」ですが、日本語でおけだったようです(笑)

アドセンス




アドセンス




以下のブログランキングに参加しいています。

以下のブログランキングに参加しています。ぽちっといただけると励みになります。
にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ 

-ヤマハ英語教室

Copyright© ちみっこ王子の毎日がLv1UP! , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.