健康・病気

今年の夏は暑い!?子供の日焼け対策

更新日:

ここ最近、北海道も温かい日が続いていて、半袖で外に出歩くことが多くなりました。温かい、というか暑い!気温26℃とかもう夏じゃん!
そんな暑い日が続いていますが、みなさんはお子さんに日焼け対策、何かしてますか?


紫外線(日焼け)による影響

子供の時に浴びた紫外線は、蓄積されて大人になってからシミシワの原因に…っていうのは世のお母様方というか日焼けのことは女性なら誰でも知ってる常識ではないでしょうか。そしてその日焼けを繰り返すと皮膚ガンの原因にもなるというのも聞いたことがあるはず。子供のうちは皮膚が薄く、紫外線に対する防御機能が弱いので、日焼けによる紫外線ダメージは大人より強い。
しかも、子供は背が低いので地面からの照り返しの影響も強く、お日様からと地面からの2重の紫外線に晒されています。同じ時間外にいても子供の方がお肌こんがりしちゃうのはそのせいなのね。

肌だけじゃなく目も日焼けする

子供の白目の部分って、ちょっと水色がかった透明感のある色していてとっても綺麗ですよね!そんな綺麗な目も大人になるとだんだん黄ばんでくる。これは加齢のせいもあるけど、紫外線も影響してるとか。私はまだ黄色くないけど、子供のように透明感のある水色でもない。もうあの頃に瞳には戻れない。子供の綺麗な目、守ってあげたいですね。

また、目の奥へ紫外線が入り込むことによって、白内障を引き起こす可能性も。紫外線を浴びたからといってすぐになるものではないけれど、紫外線ダメージは蓄積されるもの。白目が黄色くなるとか行ってる場合じゃない!目が見えなくなるのは想像するだけでとっても怖いですから、紫外線の強い日はあまり外出しない方が無難かなぁ?

紫外線(日焼け)対策

一番定番「日焼け止めを塗る」

日焼け止めのSPFの後ろにある数字は、日焼けで肌が焼ける(炎症する)のを防ぐ時間を何倍まで伸ばせるかというもの。日焼け止めを塗っていない状態で日焼けをするまでの時間が個人差で10分〜20分らしいので、SPF30だと20分×SPF30=600分。SPF50だと20分×SPF50=1000分。
いや、1000分も外おらんでしょ!600分で10時間だよ!?朝8時から外にいて夜6時までだよ。1000分(約16時間)なら朝8時から夜中の12時までじゃないか。どゆこと?SPF50って必要なん?って思ったけど、日焼けをするまでの時間が10分と短い人は、10分×SPF30=300分(5時間)、10分×SPF50=500分(約8時間)なので、日焼けしやすい人はSPF50を選ぶのかなと思います。個人的には公園で遊ぶくらいなら5時間もあれば余裕なのでSPF30で十分かと思いますが。

帽子や日傘を使う

帽子や日傘で太陽からの紫外線をカットできます。2歳のお子様は傘うまく持てないので帽子で。ママが日傘担当すればOKかな?私は持ってないけど。でも帽子や日傘は上からの紫外線はカットできるけど、地面からのはね返りの紫外線はカットできないから、顎とかあまり焼けるイメージのないところが焼けるらしいです。顎にも日焼け止め塗らなきゃってことですよね。

長袖を着る

といっても薄手のですね。日焼けしたくなくて暑いの我慢してたら今度は熱中症になっちゃいますからね!上着も白だと紫外線が反射して顔にはね返りを浴びると昔テレビで見たので、黒っぽい服装がいいみたい。まあ、顔に日焼け止め塗れば大丈夫なんだろうけど。

 

 
うちの王子は日焼け止めなし!半袖短パン!で外に遊びに行ってたので、夏を前にすでにこんがり焼けちゃってます。つい数週間前まではこんなに暑くなかったので日焼け止め買ってなかったんだ…。日に日に黒みを増す王子を見て慌てて日焼け止め買いに行ったよね…。

アドセンス




アドセンス




以下のブログランキングに参加しいています。

以下のブログランキングに参加しています。ぽちっといただけると励みになります。
にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ 

-健康・病気

Copyright© ちみっこ王子の毎日がLv1UP! , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.