保育園・幼稚園

「函館藤幼稚園」の説明会に行ってきた

更新日:

前回見学に行った保育園もキリスト教保育園でしたが、今回の藤幼稚園もキリスト教の幼稚園。

キリスト教の保育園・幼稚園っておとなしい子が多いイメージ(個人のイメージと偏見です)なので、元気な子にびびりまくりのうちの王子にはいいかなと候補に。

前回は電話でアポを取って行きましたが、今回は合同で説明会をやっている日があり(藤幼稚園の公式HPに載っていました)それに参加してみました。


函館藤幼稚園の詳細

教育方針や特色

キリスト教の愛に基づき教育し、愛を持って心と身体の発達の手助けをし、幼少期の人格形成の基礎作りをします。

私もキリスト教の学校にいたのでわかりますが、キリスト教の愛のあるお説教(怒る意味ではなくて聖書のお話しのこと)は好きです。聖書やお祈りを通して、きっと、優しい気持ちが育つことでしょう。
 
 
 

教育面

週に一度、ネイティブ講師による英語のお勉強があるそうです。
なにそれ、英語教室通わなくてよくない?

クラスは年齢別のクラス分けとなりますが、一日の中で異年齢とのかかわりもあり、助け合うことを学びます。
 
 
 

先生の雰囲気

男性の保育士さんがおります。

子供好きそうなお友達のパパさんに話しかけられたと思ったら保育士さんでした。

男性保育士さんは昔ドラマで見た(よい子の味方 新米保育士物語)ような櫻井翔さんのイメージしかなかったのですが、実物も爽やかパワフルでよかったです!

また、他の女性保育士さんも若い方が多く、明るく元気な雰囲気でした。
 
 
 

制服

かわいいセーラーの制服があります。

子供のセーラー服可愛くない?やばくない?。着せたい(本音)。
 
 
 

幼稚園バス

幼稚園バスが運行していますので、送り迎えも安心。

保育園と違って、早く終わる幼稚園だとまだ仕事中で迎えに行けないので、「帰りだけおばあちゃんの家へ」という要望にも答えてくれます。
 
 
 

幼稚園コースと保育コース

午後2時で終わってしまう幼稚園コースの他に、働いているなどの理由のある方のために午後6時30分まで預かれる保育コースがあります。

私は保育コース希望だけど、幼稚園コースでも迷ってる。午後はおばあちゃんの家で、だと子供の負担がなさそうでいいのかな。私も保育園時代は4時くらいのお迎えだったし。6時過ぎって冬だと暗くない?怖くない?(子供の気持ちになってみた)
 
 
 

園の設備など

広さ

外観の閑静でこじんまりした印象から一転、玄関は明るく広く、廊下にも秘密基地のようなお店やさんのような大きな遊具がありとても広い。廊下でも子供たちが自由に走り回れるくらい。

外観からだとわかりにくいけど、奥行きがとても広い造りだったんですね。
 
 
 

教室

建物は2階建てで、大きいお友達は2階のお教室。

大きな窓の外はベランダになっていて開放感がすごい。

教室の一角にマリア像などが飾られています。
 
 
水道は教室に備え付け。

暖房はあるけど、エアコン(クーラー)がないのが残念なところ。広い窓全開にすれば風入るから大丈夫って、風ない日どうすんねん…。

体温調節の難しい赤ちゃんたちのみエアコンのあるお部屋で過ごせるそうです。
 
 
 

園庭と遊具

園庭には1年前に完成したばかりのとても大きなアスレチックのような大型遊具があります。

見た瞬間、「え、これ幼稚園の?どっかの公園?」ってくらいにはでかい。地元で言うと昭和公園の遊具同等かそれ以上か。

幼稚園正面には機関車の遊具があり、とてもテンションが上がります。

全ての教室じゃないと思うんだけど、トミカもあってびっくり。幼稚園ってトミカ置いてるの?ちゃんとレールまで揃ってるんだよ、どうなってるの(いい意味で)。
 
 
 

給食

月・水・木は給食が出ます。

希望者は週5回給食にできますし、希望されない方はお家からお弁当を持ってくることもできます。

うちの子は好き嫌い(食べず嫌い)が多いので、給食を食べずにお腹をすかせてしまったら困るので、慣れるまではお弁当持たせようかなと思います。(徐々に慣れたら週5給食にする!)
 
 
 

駐車場

説明会にあたり駐車場を問い合わせたところ、隣接する宮前町教会の駐車場利用するとのこと。

教会なのに(失礼)駐車場?前庭?がとても広く、送り迎えの混雑時にも混乱しなさそう(今回の説明会の時のみか、送り迎えの時にも使えるのか確認わすれました)。
 
 
 

説明会 参加レポ

幼稚園を前に息子のイヤイヤ発動。イヤイヤというか場所見知り。初めてのところ怖いの。

駐車場から見えた園庭の遊具をエサに(ヒドイ)、そして、後からきた息子より小さな(多分同い年)お友達が大きな声で挨拶してくれて、幼稚園の中に入って行く様子を見てなんとかつられて玄関まで。でもそこで号泣。

玄関でお出迎えしてくれていた保育士さんや、別の場所にいたであろう保育士さんが次々におもちゃを持ってきてくれて優しく誘ってくれました。保育士さん本当にありがとうございます。
 
 
 
受付で名前などを記入してパンフをもらい、体育館へ。

子供にはわざわざかわいいりんごの名札を用意してくれて(名前は保護者記入)保育士さんが名前を呼んでくれて仲良くなれる工夫です。

体育館にも滑り台やシーソー、大きい積み木などが用意されていて、子供を連れてきても子供がつまらない思いをしないので保護者は助かります。

説明会の時間になって最初に始まったのは、子供たちを前に集めてお歌に合わせて体操(なんの曲かわからなかったけどわんわんとうーたんだった)、からのクイズ。

このお家には何が住んでいるかな?と鳴き声当てクイズです。

ボードやマイクを使って、「ここはおかあさんといっしょの会場ですか?」とツッコミたくなるほどのイベントでした。肝心の息子はずっとシーソーで遊んでいました。
 
 
 
最後は「みんな1列に並んでー」とリズムに合わせて廊下に退場。別室のおもちゃがたくさんあるお部屋に自ら移動。保育士さん、うますぎる!が、うちの息子には効かんのだよ…。

他の子は保育士さんが預かる中、息子はばあちゃんと一緒。

静かになった体育館で保護者は説明会(行けなかった子もいたよ)。

もらったパンフの内容を説明したのち、質問のある方は個別に園長先生が対応してくれます。ちょっと並びますが、その間も保育士さん(ばあちゃん)が子供をみてくれているので安心して順番待ち。

そのあとは園内を自由に見て回れるそうで、教室などを見学しました。
 
 
 

さいごに

説明会は20〜30組くらいの方が参加していたかと思います。思ってたより人数が多くてびっくり。

個別に行く見学と違って聞きたいこと忘れがちだけど、同じクラスになるかもしれない子たちと会えるのはなかなか新鮮。

一緒になるお友達はその年で変わるのでなんとも言えませんが、今回参加されていた子供たちは、うちのビビリ息子でも一緒に遊べたのでまったりのんびりした優しい子が多かった印象でした(ばあちゃんの後日談:(預かり中)お近づきになりたくない激しい子もいた)。
 
 
 
保育士さん、とても大変な仕事なのにいつもニコニコお疲れ様です。

どこに通うようになっても保育士さんには極力協力してあげたいなと思います。

アドセンス




アドセンス




以下のブログランキングに参加しいています。

以下のブログランキングに参加しています。ぽちっといただけると励みになります。
にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ 

-保育園・幼稚園

Copyright© ちみっこ王子の毎日がLv1UP! , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.