3歳

飛行機で辱めを受ける

更新日:

飛行機01

飛行機。それは、誰もが憧れる空へ飛び立つ乗り物。

飛行機。それは、遠い世界へ旅立つ空飛ぶ船。
 
 
 
 
 
飛行機02
そう、飛行機は子供に大ウケなのだ。
 
 
 
 
 
そんな飛行機で遊んでいた所、突如バランスを崩し空中で一回転!

床に激突しなかったものの、空中で一回転したのが楽しくてアンコールをご所望されました。

「あれは、たまたまなの!偶然! 」

「運良く怪我しないで済んだの!」

と言ってもアンコールの主は

「“たまたまの偶然”もう一回やるー!」
 
 
 
たまたまも偶然も意味を知らない3歳児には、あの一回転は“たまたまの偶然”という技名に聞こえたのでしょうか。
 
 
 
しょうがないので、初めから逆さまの状態で飛行機(?)を再開。

逆さま飛行機が怖いのか必至に足にしがみつく息子。

飛行機03
(息子の位置が逆(お腹側)でした)

本当はそのまま一回転して私の頭の方で着地。という作戦だったのに、見事に足にしがみついて尻丸出しの私(脱げてはいない)。
 
 
 
そして、
 
 
 
「ちょっと!手と足離して!潰れる!身体がぁ!半分になるぅ!あぁ!!」
 
 
 
1人悶える私を、そっと玄関で眺める、旦那。
 
 
 
…え?旦那?
 
 
 
帰ってたの?
 
 
 
私、今お尻しかない姿だよ。
 
 
 
辱めだよ!
 
 
 
なんか言ってよ!!!

アドセンス




アドセンス




以下のブログランキングに参加しいています。

以下のブログランキングに参加しています。ぽちっといただけると励みになります。
にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ 

-3歳

Copyright© ちみっこ王子の毎日がLv1UP! , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.