遊び場・イベント

幸せを呼ぶ「もみの葉しおり」を作ってきた

更新日:

クリスマスまでの期間中、「幸せを呼ぶもみの葉しおり」なるものが作れると聞き、息子を連れて函館市まちづくりセンターに行ってきました。

まちづくりセンターは函館市民のイベントや交流の場としてはもちろん、観光情報や施設パンフレットなどが置いてあり観光の方も足を向ける施設で、もみの葉しおりも観光の方が作っていかれることもあるとか。


幸せを呼ぶ「もみの葉しおり」

製作するしおりに使うもみの葉は、函館市の姉妹都市カナダのハリファックス市から贈られた「幸せを呼ぶもみの木」の枝葉です。

函館金森赤レンガ倉庫のクリスマスファンタジーで飾られるクリスマスツリーもカナダより贈られた「幸せを呼ぶもみの木」ですよ。

このもみの木の枝葉をメインに、押し花・シール・ラメパウダーなどを自由にレイアウトして、世界に一つだけのしおりを作ります。
 
 
 

3歳の子供でもできる簡単手順

製作にはピンセットを使うので、3歳には難しいかな?と不安で「3歳でもできますか?」と聞きましたが、講師の先生が「大丈夫だよ」と優しく迎えてくれました。

先生の肩書きは「押し花インストラクター」。カッコイイ!ステキ!

作り方の手順からピンセットの扱い方まで、3歳の息子に丁寧に教えてくれて、息子もわくわくしながらとりかかりました。
 
 
 
さすがにピンセットはまだうまく扱えないので、好きな色・形を選ばせて一緒に作りました。

ピンク・青・白をベースにいろんな種類の押し花が用意されていて、どれを使うか迷っちゃいます。

ペンで名前やメッセージを書くこともできますよ。
 
 
 
自分でピンセットをうまく使えなくても、どの材料を使ってどこに配置するかを聞いて一緒に作れば、子供が自分で作り上げた世界でひとつだけのオリジンルのデザインです。
 
 
 
息子が青をベースにしたので、「ママのピンクにして作って!」とお願いしたら私の分も選んでやってくれました。

ピンクって言ってるのに黄色のキラキラも使うあたり、「ん〜、センスがいいねぇ!」(親バカ)
 
 
 
デザインが決まったら先生がラミネートしてくれます。

最後に好きな色のリボンを選んでつければ、もみの葉しおりの完成です。

もみの葉しおり
 
 
 

講師の先生が優しい

説明を丁寧にしてくれたり、カタチの綺麗な押し花を探してくれたり、お話をしながら楽しくできました。

二人で行ったのに「パパの分作らない?」って誘ってくれたり。(息子が断りました。先生、パパごめんね)

帰りに「先生優しくて楽しかった。またやりたい。」いただきました。ありがとうございます。
 
 
 

さいごに

函館市まちづくりセンターは、建物の裏に駐車場があり車で行きやすいです。(他にイベントなどやっていると混み合っている場合があります。)

幸せを呼ぶ「もみの葉しおり」作りは、12月25日まで予約不要・無料でやっているので、近隣の方や観光でいらっしゃる方はぜひ行ってみてね。

「幸せを呼ぶ」の名前の通り、(今も幸せかもしれないけど)もっと幸せが訪れるかもよ。

アドセンス




アドセンス




以下のブログランキングに参加しいています。

以下のブログランキングに参加しています。ぽちっといただけると励みになります。
にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ 

-遊び場・イベント

Copyright© ちみっこ王子の毎日がLv1UP! , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.